自己破産を弁護士に依頼するには費用がかかる

  1. ホーム
  2. 気をつけたい遺産トラブル

気をつけたい遺産トラブル

黙祷

遺産トラブルを未然に防ぐ

横浜で相続が発生した場合、その手続きが不完全なときには思わぬ遺産を巡るトラブルが生じてしまう可能性があります。この遺産を巡るトラブルは、主に相続人がそれぞれ遺産の取り分を主張し合うことが要因となって生じるものなのですが、特に相続人の数が多ければ多いほどその傾向が高まります。このような遺産トラブルが生じてしまわないためにできる対策としては、不謹慎なことかもしれませんが遺産を残す人物が生前から自分の遺産の行く先を明確にしておくことです。その方法としては遺言書の作成があります。遺産を残す人物が遺言書というかたちで自分の意思を明確にしておくことが遺産トラブルを未然に防ぐためには最良の方法となるのです。しかし、遺言書の作成にあたっては注意が必要です。なぜならば、遺言書として認められるには定められた書式で作成されている必要があり、万が一、書類に不備な点があるような場合には遺言書に記載されている内容は無効となってしまうからです。そのような事態に陥ってしまったとしたら、せっかく遺言書を作成した意味がなくなってしまいます。そのため、横浜で相続対策をするのであれば法的な知識を持った専門家の助けを借りて遺言書の作成をするようにしましょう。横浜にはたくさんの弁護士事務所や司法書士事務所がありますが、実際に遺言書の作成を依頼する際にはその中でも特に相続対策に長けている横浜の弁護士や司法書士に依頼をするようにしましょう。